スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
余分なアブラを
お疲れっス。

花粉パネーっす。



今回の品物は、わりと小さいです。

今使っている耐熱皿?に、1cm位浮かせた網が欲しい。

との御注文でした。余分なアブラを落とすとか、落とさないとか。


当初はステンレスの細い丸棒で作ろうと思ったんですよ。

358.jpg

↑こんな感じの。



でも、

図面ないし、作り方お任せだし、3台だし。

ケッコー金額かかりそうだし。


てことで、レーザーで板を抜いて、作ることにしました。






・・・作り方お任せ。。。







センスが問われますね。。。






お皿の寸法を測り、アブラの抜き穴形状、、

取り出し易さ、洗い易さ、食材をのせてもたわまない形を

考えて、CADで書いてみました。






んーセンスない。

んーでもこれしかない。

んーこれでいいや。



















写真+2_convert_20150325133341


完全に排水溝のフタっすね。。。


初めは長穴を10箇所位で考えていたのですが、

食材を置いて“ボキッ”と折れてもいけないので、所々つなぎました。

同じところでつなぐと芸がないな。と思い、少しづづズラしたら・・・ご覧の通り。


写真+14_convert_20150325134522


両サイドはRにかからない所まで、10mm折り下げ

材料は SUS 304 1.5t V.Bです。


写真+3_convert_20150325134843


耐熱皿に入るとこんな感じです。

お客さまにも喜んで頂けたのでOKかな?
スポンサーサイト
[2015/03/25 14:11] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
テーブルの脚。
お疲れっス。

早いもので2月も終わりに近づき、

少し気温も上がってきましたかね?

株価も連日上昇傾向で、世間は景気がイイみたいっスね。。。


・・・さて、
 
今日はテーブルの脚です。

鉄です。

天板は木です。

木工屋さんからの御注文です。

写真+4_convert_20150225093828

こちらはひっくり返した状態です。

写真+2_convert_20150225094308

いわゆる四方転びってヤツです。

写真+3_convert_20150225094602

正直、この方向でパイプを切断したのは初めてっス。

仕事の度、勉強になりますなぁ。


↓納まった写真を頂いたので↓

写真+1_convert_20150225095527


今回のテーブルの脚は、いつもお世話になってる

㈱ Soui woodworks さま からの御注文です。

一言でいうと、“オサレな木工屋”かな? 事務所チョーオサレだし。

色々なアイデアを持っている社長さんなので、毎回勉強させて頂いてます。


今回は、溶接しっぱなし、サンダーかけっぱなしのクリア塗装でしたが、


写真_convert_20150225103617

↑黒のメラ焼き塗装バージョン↑も作らせて頂きました!

 
こちらのテーブルのご用命は、Souiさまへお願いしまーす!!


[2015/02/25 07:28] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
こうなりました。
お疲れっス。


梅雨の中休みらしいっスね。

ムシ暑いっスね。


朝からチョット気合い入れてサンダーかけただけで
 
滝汗かいてます。
 
 

夏はキライじゃないんですけどねぇー
 
海、プール、夏祭り、ビールが旨い等々・・・。
 
 

でも、仕事をする時期としてはキツイですねー。
 
工場内、クーラーなんてないですからねー。
 

一昨年などは『熱中症?オレまだ若いし。』 

と、なめていたら、なりましたしねー。
 
 
皆様、健康第一です。しっかり水分、塩分とりまショー。



さて、さて、
 
前回UPしたキューブ状の品物は
 
こんな↓羽のようなモノを溶接して↓

343.jpg

さらに↓形の異なるもう一つと↓

344.jpg

↓ドッキング↓

345.jpg

で、メッキをして完成です。



可動式です。

スキマがないとスムーズに動きません。

上と下が組み合わさる部分の隙間は、-0~+0.3 の寸法指示です。
 
つまり、寸法が詰まってはいけないワケです。
 


でもね~詰まるんですよ。
 
そうすると、スムーズに動かなくなるじゃないですかぁ。
 
それはダメなんですよ。
 
 
それを上手いこと直すことが仕事ですな。
 
 
なので、溶接している時間よりも、調整する時間の方が

なげーんじゃねーの?っていうお仕事でした。

[2013/07/01 19:19] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
キューブ・・・とは言わない?
お疲れっス。

梅雨らしく、ダラダラ雨降ってますねぇ。

でも、西日本は真夏日とか・・・。
 
こちら埼玉は寒い位ですけどね。









・・・仕事も _l ̄l○  
 
 








ついこの間までは忙しくて、少しのんびり仕事したいと思っていたのですが、、、

でも、予定通りヒマになると・・・・・・ぐぬぬぬ。。。 
 
まあ、こんな日もあるさ(涙目)
 
 
 
 
さて、今作っているヤツ↓

342.jpg

一面抜けているからキューブ状とは言わない!?


鉄の黒皮、6.0㍉の板、5枚を溶接したものっス。

曲げ箇所がないので、ピンピンにカドが出てまっス。

ツートンカラーになっているのは溶接後、削っているためっス。




実際にはこの後、それぞれに別パーツを溶接していくのですが、

溶接後、サンダーで削った後、それらをそれらしく三つ重ねてみました。



あれ?

なんか?





商売にならないかな? (そればっか。)
 
 
 
以上。ヒマヒマの実の能力者がお送り致しました。
[2013/06/13 15:46] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
鉄、黒皮
お疲れっス。

・・・滞りました。

なんやかんやと忙しなく、仕事しておりました。


気づけば6月。

今年もそろそろ折り返し。。

こうして人は年老いて行くのだなぁ・・・と。
 
 

さて、今日は鉄です。

よく使う鉄の材料に“黒皮”と“ミガキ”があるのですが、


今日は黒皮のお話を。。。(チョー簡単に書きます。)

“黒皮”とは鉄を作る時に出来る酸化皮膜のことです。(以上。)


この皮膜があることで、錆が出にくい。

“ミガキ”材だと湿気が多いだけで表面に、うっすら錆がでます。


ただ、溶接する際はこの黒皮があると溶接しにくいため、剥がします。

その点ミガキ材はそのままでも溶接出来るから楽ですな。
 
 
 
で、今回、この黒皮の表面をそのまま仕上げとする品物です。


↓コチラはF.Bの黒皮↓

ツヤ消し塗装した時ののマットな黒とは違う

なんだろ・・・イイ感じの黒?炭の色に近い感じ?

表面はざらつきがあります。

338.jpg


↓一方こちらはパイプの黒皮↓

F.Bの黒皮とは異なりツヤがあり、ツルツル。

339.jpg

材料の種類によって、黒皮の表情が変わるのも不思議ですな。


↓で、仕上げはツヤ消しクリア塗装↓をしました。

乾いちゃ塗り、乾いちゃ塗りで、3回塗りました。

言っても鉄ですからね~。ほっときゃ錆びますよ。

340.jpg

これで絶対錆びないとは言えませんが、

すごくイイ感じに仕上がったと思われます。

341.jpg

完成したのがこの形(あとは木の天板が乗るようです)

座卓となるようです。

長さ3600㍉×横幅1000㍉デカいね。
[2013/06/10 07:22] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。