FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
溶融亜鉛めっき
お疲れっス。

寒いっスね。


先日、めでたく36歳の誕生日を迎えました。<(_ _*)> アリガトォ


そしたら友人の一人からおめでとうメッセージがきたんですね。


その中の1文に、

『一緒にチャリンコで高校行ってた18歳からダブルスコアだぜ!・・・』






・・・『18歳からダブルスコアだぜ!』






『18歳からダブルスコアだぜ!』







『18歳からダブルスコアだぜ!』









(  Д ) ゚ ゚





そんなに経つのか・・・。


なんか、ショック・・・。



気持はまだ20代なんですけどねぇ~。






 
さて、本日は、“溶融亜鉛めっき”です。

「どぶめっき」とか「天ぷらめっき」なんて呼んだりします。

溶けた亜鉛のめっき槽の中に、鉄製品を浸ける様子からついた名称のようです。




鋼材の表面に亜鉛の合金層を形成することで、
亜鉛の犠牲的防食作用により、鋼材の腐食を抑制する。
屋外に設置される鋼構造物の防食処理として広く採用されており、
身近なものとしては送電用鉄塔などが挙げられる。(Wikipediaより)




要は、鉄に亜鉛くっ付けてサビ防止。

オールステンレスで作るよりも安く上がりますからね。



で、
  
325.jpg


このドコにでもあるような、それでいて作らなきゃないような品物。

住宅の柱を受ける金物で、上の穴の開いている方が柱を受けて
 
下の方がM16ボルト。

つまり、ネジが切ってあって基礎の方にいきます。
 
 
で、

326.jpg

めっき。

 
しかし、

327.jpg

めっきでネジが埋まるんですよねぇ~。


そんな時は、

328.jpg

ねじ切りダイスで上手いことめっきを落とします。

329.jpg



・・・と、ここまではよくある話。




問題は

330.jpg

この海賊が好きそうな?金物。(何か剣みたいだし・・・。)


横から見たトコ。

331.jpg


真上から見下ろしたトコ。


332.jpg


両方で交差しているため、




ダイスが入んないっス。(ノ_-;)ハア…



ダイスを回すと、もう一方のボルトにブツカッテシマイマス。

 
ん~。
 


めっき屋さん曰く、

『ガスで炙ってワイヤーブラシでこすると落ちますよ。」
 
 ただ、炙り過ぎるとめっきがすべて落ちますからご注意を!』
 
 


ほぉほぉ。

めっきが付く原理からすれば落ちるわな。




早速やってみる。
 
・・・いや、待てよ、


ガスで炙る(メラゾーマ)→ワイヤーでこする→めっきケッコウ剥がれる。
 
ライターで炙る(メラ)→ワイヤーでこする→めっきあんまり剥がれない!?



天才?!
 
 

やってみる!



→全然剥がれない・・・。そんなにやわじゃない。 
 
 


で、結局当初の予定通り、ガスで炙ってみました。

・・・すると、めっきが浮き始めた!
 
ワイヤーブラシで張り切ってこする!!
 
・・・すると、









 
熱々のめっきが顔に飛ぶ・・・_| ̄|○めっき屋さん教えてYo!



やる時は面でも付けましょう。
 
 
以上、めっきを剥がす時は注意しようゼ!って言うお仕事でした。

333.jpg

剥がした後はローバルで補修だぞ!忘れるナ!!
スポンサーサイト
[2012/12/14 10:18] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今年もよろしくお願いします。 | ホーム | 金網>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://izumiseisakusyo.blog.fc2.com/tb.php/35-0b04f9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。